豊胸は、乳房のサイズを大きくすることを目的とした手術治療です。

何を用いて増大するかによって、大きく3つに分類されています。

1. インプラント豊胸
2. 脂肪注入による豊胸
3. 注入物による豊胸

これらの豊胸術には、それぞれ異なる特徴があります。
詳細は、それぞれの解説をご確認ください。

 

 

 

  インプラントによる豊胸 脂肪注入による豊胸 注入物による豊胸
手技 シリコン製のバッグ(インプラント)を乳房に挿入する。 脂肪吸引で採取した脂肪細胞を乳房に注入する。 ヒアルロン酸を乳房に注入する。
増大効果 インプラントのサイズで希望の大きさに増大できる。 採取できる脂肪細胞の量と、定着量により限界がある。 注入するヒアルロン酸の量で希望の大きさに増大できる。
効果の 持続機間

増大効果は永久的に持続するが、インプラントの経年劣化、破損がありうる。 定着した脂肪細胞は永久的に効果が持続する。 数年単位でヒアルロン酸がじょじょに吸収、分解されて効果は消失する。
柔らかさ 乳腺の厚みの影響を受ける。 適切な手術操作であれば自然な柔らかさを保つ。 適切な手術操作であれば自然な柔らかさを保つ。
術後の 安静等 インプラントがずれないように圧迫下着による固定が必要。 矯正下着による圧迫等は避ける必要がある。 特に安静を要さない。

 

豊胸のシミュレーション
豊胸を検討する際に気になるのは、
「豊胸するとどのようなイメージになるか」
「どれくらいの大きさに豊胸するか」
という問題です。

これらを確認するための方法として、乳房にリンゲル液という医療用点滴液を注入し、シミュレーションすることができます。
これにより、実際に自分で豊胸効果を目で見て確かめることができます。

ただし、リンゲル液によるシミュレーションは、あくまで実際の豊胸の前におこなう確認作業であり、リンゲル液はほぼ1日で吸収、排泄されてしまうため、治療としての豊胸効果はありません。