ボディーの治療と再生医療
臨床 ⇄ 研究
臨床のニーズを研究に。
最新の研究結果を臨床へ。

プロフィール/Information

野村 紘史
Nomura Hiroshi
M.D.
野村紘史

東京大学医学部医学科卒業後、東京大学形成外科に入局。関東の大学病院を中心に、形成外科・再建外科・美容外科全般の研鑽を積む。

頭蓋顎顔面形成外科、微小血管外科、体幹形成外科、乳房形成外科など、それぞれの分野の高名な医師に師事し、2009年に形成外科専門医を取得。
東大医局人事により、沖縄市の中頭病院で乳房再建を中心としたボディーの形成外科治療に従事したのをきっかけに、body contouring surgery(体幹形成外科)、乳房形成外科、脂肪幹細胞を用いた再生医療を専門分野とする。
国内での「脂肪幹細胞移植による乳房再建」に関する再生医療臨床研究プロジェクトに従事したのち、2013年にBoston University, Biomedical Engineeringに研究留学。また、臨床では、同じくボストンのShriners Hospital for Children およびBeth Israel Deaconess Medical CenterにてVisiting Surgeonとしてボディー形成の治療を中心に研修を積む。

臨床では、4000例を超える豊富な手術件数と、海外での最新のbody contouring surgery研修を活かした「ボディー治療の専門医」である。


2016年より、琉球大学形成外科非常勤講師として脂肪組織由来幹細胞(Adipose Derived Stem Cells ;ADSCs)を用いた再生医療の研究を開始する。

また、中頭病院での乳房再建と肥満治療、新垣形成外科でのbody contouring surgery、再生医療、美容医療にも、精力的に第一線で治療にあたっている。


専門

形成外科一般、乳房再建、ボディーコンツールの治療、再生治療、創傷治癒、顔面神経麻痺再建、悪性腫瘍切除後再建(マイクロサージャリ―)、顔面骨骨折、小耳症、リンパ浮腫、レーザー治療、美容外科

専門医

日本形成外科学会専門医 日本創傷外科学会専門医
略歴・所属学会はこちらをご覧ください。

オフィス/office

新垣形成外科

宜野湾市にある形成・美容外科クリニック。主にボディーの治療全般と再生医療を担当。

社会医療法人敬愛会 中頭病院

沖縄市にある病床数336床の総合病院。主に乳房再建とボディーコンツール治療を担当。

琉球大学医学部附属病院

西原町にある大学病院。脂肪組織由来幹細胞を用いた再生医療研究を担当。

仲間/comrades

お知らせ

最新の記事

お問い合わせ